群発頭痛は、この世の中でも特に激しい痛みを伴い、心筋梗塞と尿管結石に並ぶほどの痛みのある病気です。この頭痛は1000人に1人が発症すると言われていて、とにかく痛みが激しく、働き盛りの世代に発症します。しかも群発頭痛は、深夜に起きますので、睡眠不足をまねく非常に厄介な頭痛でもあります。

群発頭痛の原因

群発頭痛の原因は、目の奥にある内頸動脈が何らかの原因で拡張して起こると考えられおり、群発期(群発頭痛の発作が起こっている期間)を過ぎると症状はおさまりますが。ただ、群発頭痛は2~3年周期で発作が始まっては、またおさまるという状態を繰り返します。群発頭痛の名前の由来は、群発地震のように一定期間のあいだに頭痛が起きることもあり、群発頭痛と呼ばれています。

群発頭痛の症状

群発頭痛の症状は以下の通りですが、特徴としては日常生活に支障をきたすほどの痛みが伴うということです。

  • 片目の周りと目の奥に激しい痛み
  • 鼻づまり
  • 瞳孔の左右差
  • 目の充血
  • まぶたが腫れる

といった症状があります。

群発頭痛の原因

では群発頭痛の原因はというと、今のところ原因は解明されていません。ただ、目の奥などに激しい痛みがあるということから、目の奥の血管である内頸動脈が拡張し、それが神経に当たり頭痛が起こると考えられています。過労、ストレス、飲酒がきっかけとなっていることとが多いです。また、睡眠中に頭痛が発症するので、体内時計に狂いが原因で痛みが発症するとも考えられています。

群発頭痛の治し方

群発頭痛の治し方としては、原因が不明ということもあって難しいのですが、自律神経が関係しているとされていることもあり、まずは規則正しい生活を送ることが大事ですし、頭痛が起きているときは、アルコールが誘引している可能性もあるので、禁酒をしなければいけません。また、同様に喫煙者に群発頭痛の発症する事が多いので、禁煙をする必要もあると思います。また、酸素吸入も有効とされていて、医療用の酸素ボンベで15分ほど酸素を吸入をします。この方法ですと、10分ほど酸素を吸入すると、痛みが和らぐとされています。

ただ、群発頭痛の場合は、その痛みが特に激しい痛みがあります。インターネットでは群発頭痛を描写したイラストが沢山見ることができますが、片目をえぐり出される時に伴うような痛みがあります。ですから、まずは、そう言う症状があった場合には、信頼できる医師ときちんと相談をして、最適な薬を処方してもらい、より効果的な治療法を選ぶことをお薦めします。