頭痛には色々なパターンがありますよね。ズキズキ痛むたタイプや、さっきまで頭が痛かったけれども、今は別にスッキリしているというときもあります。また、頭が痛いから鎮痛剤を飲んだら、痛みが和らぐということはよくありますよね。いずれにせよ、頭痛は、場合によっては大きな病気の予兆だったりすることもあるので、頭痛のパターンを良く知ってどういう病気の予兆なのかということは知っておいたほうが、早期治療につながりますよね。

そこで、今回は、頭痛の症状でどういう病気の可能性があるのかということを、述べたいと思います。

頭が締め付けられるような痛み

頭が締め付けられるような痛みがあるときは、緊張性頭痛の可能性があります。他の症状としては、頭が重かったり、肩こり、吐き気などがあり、原因としてはストレスなどをあげることができます。

2〜4週間、ほぼ決まった時間にある頭痛

この場合、その後2〜4週間経過すると、頭痛が収まってしまう場合には、郡発頭痛の可能性があります。こちらは脳の病気ではなく、飲酒等によって脳の血管が拡張した時に痛みます。

目がチカチカして、生あくびやイライラ感が募った後に頭の片側がズキンズキンする痛み

この場合は、片頭痛を疑ったほうが良いでしょう。原因は、食事、ストレス、睡眠不足、妊娠、出産、避妊用ピルです。通常は頭痛薬を服用することで収まることが多いです。

だるさ、全身脱力感、食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱、悪寒などが伴った頭痛

この状態で、黄疸の症状が見られる場合には、急性肝炎の可能性があります。この場合は先ず消化器科か内科に行き、きちんとした診断をしてもらう必要があります。

頭痛の時の注意点と対処方法

突然の激しい頭痛、意識喪失、嘔吐、痙攣、手足の麻痺の場合は、くも膜下出血の可能性がありますので、まずは安静にしましょう。

嘔吐や麻痺が伴う頭痛があり、人格が変化している場合は、脳腫瘍の可能性があります。特に起床時に慢性的な頭痛が続く場合は脳腫瘍の可能性があるので、早めの治療をする必要があります。

頭痛以外に便秘異常、腹部の不快感、めまい、動悸、疲労感、不安感、異常発汗などが伴う場合には、過敏性腸症候群の可能性があります。これらの場合は、原因は主にストレスです。それ以外には、過労、睡眠不足、不規則な食事などが原因です。

高血圧による頭痛やめまいなどがある場合、高血圧症の可能性があります。この場合の高血圧の目安としては、最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上で、この場合には、動脈硬化になる可能性がありますので、まずは食事制限などをして血圧を下げるようにすることが大事です。

風邪に似た症状があり、強い咳が長く続き、更には悪寒、高熱が出た場合には、肺炎やインフルエンザの可能性があります。

このように様々な症状の頭痛がありますので、自分に当てはまるような症状があった場合には、手遅れにならないように速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。

  • 中古医療機器の買取・販売のグリーンメディカルは医療機器において日本NO.1の取引実績数を誇っています。メーカー点検をクリアし整備された中古医療機器のみを販売しています。
  • 心電図の記録紙なら、株式会社GMCにご相談ください。当社は心電図記録紙など、病院でかかせない医療用消耗品を国内最安値でご提供。「まずは、クオリティーとコストバランスを確認したい。」という声にお応えし、記録紙など多くの商品でサンプルをご用意しております。お気軽にお問い合わせください。
  • 福岡でカウンセリングをするなら、PureHeartにご相談ください。当院のカウンセリングは来談者中心療法(臨床心理学)というカウンセリング(心理療法)をベースにNLP心理学を中心にカウンセリングを行っております。あなたの気持ちを大切にしながら、抱えている問題(悩み)を軽くし、解決へと導いていきます。初回3000円のカウンセリング。自宅での訪問相談、電話、メールでの相談も受け付けています。